地域部会
 
地域部会
12
2018/11/20

桜守養成講座【鶴岡市・金山町】開催しました

| by フォーラム事務局
 11月15日鶴岡市ケヤキの森、18日金山町有屋地区にて、桜守養成講座を行いました。

ケヤキの森では初めての開催となり、主にテング巣病の枝、枯枝、不要な枝の剪定作業を行いました。



実際に手入れの仕方を実施しながら学んでいただき、市民の皆様にも「ケヤキの森づくり」について関心を持っていただくきっかけとなったのではないでしょうか。







病枝は他の枝に拡がらないよう、焼却処分、太めの枝については、イベントを行う際の薪に使用していただくことにしました。



また、18日の金山町は一昨年に続いて地区の皆様、遊学の森案内人の皆様が手入れを行いました。



鶴岡市は9名、金山町は13名の方に参加をいただきました。
14:43 | 報告
2018/11/12

「海岸漂着物、マイクロプラスチックの今を知る講演会」終了しました

| by フォーラム事務局
 美しい山形・最上川フォーラム置賜地域部会では、9月に庄内海岸の視察研修を行い、山形県における海岸漂着物の現状と、マイクロプラスチック問題について現地で研修会を行いました。

 もっと広く、多くの人に知っていただきたいと11月11日に長井市交流センターふらりにて、講師にNPO法人パートナーシップオフィスの大谷明さんをお呼びし、県内だけでなく、世界の海洋の現状とマイクロプラスチックについてお話をいただきました。

 日曜日の朝でしたが、30名近くの方にお集まりいただきました。



 県内でも多くの方に参加協力をいただいているクリーンアップのデータや庄内海岸でのゴミの回収による漂着物問題への効果など、たくさんの資料や映像も交えながらのお話に、皆さん真剣に耳を傾けていらっしゃいました。







 私たちの生活を大きく向上させ、便利で安全にしてくれる良い面もたくさんあるプラスチックですが、一方で、海の動物や環境に大きな影響を与えています。
 
 現状を知り、何ができるのか、小さな一歩でも歩み出すことが、明日の私たちにもつながっていくと思います。

 参加された皆さんからは、たくさんのご意見が寄せられました。特に一番前に座っていた高校生の皆さんの表情が印象的でした。

 終わってからの感想では、「私たち大人が作り出したものは、きちんと大人が対処していかなくてはならない」という声も聞かれました。

 置賜地域部会では、今後勉強会を重ねて、マイクロプラスチックに関する紙芝居づくりを行っていく予定です。


16:14 | 報告
2018/11/12

平成30年度天童市桜守養成講座終了しました

| by フォーラム事務局
 天童公園には、約2,000本の桜が植樹されています。
現在、樹勢の衰えが目立つ桜が多くなっており、適切な管理を行うことが必要となっています。
 天童市では、平成27年度より桜の再生事業に取り掛かり、「天童公園の桜再生計画」を策定しました。これまで、公園全体の桜の状況調査、特に老朽化が目立つ西側の桜を中心に伐採等を進めて来ました。
 「再生計画」では、桜の密植、日照不足の解消、老木の対処、施肥を行っていく予定です。

 今年度、桜を守り育てるための人材の育成、将来を担う若い世代に天童市のシンボルである天童公園の桜を引き継いでいくことを目的として、当フォーラムと一緒に、桜を守り育てるための基礎知識と手入れ方法を学び、桜の管理に関する理解を深める「桜守養成講座」を開催しました。



 講座では、桜を管理するための基礎知識と、剪定方法を実技を交えて行いました。
途中雨が少し降りましたが、参加者の皆さんの熱心な質問や実技体験で、雨を跳ね返すくらい熱い時間となりました。







 30名以上ご参加をいただき、終了された方には「桜守認定証」が交付されました。




東北・夢の桜街道八十八ヵ所、四十四番札所でもある天童公園。
来春も美しい桜で私たちを楽しませてくれるでしょう。


日頃公園を管理されている維持管理作業員の皆様にもご協力をいただきました。




こちらは、倉津川沿いの十月桜。これから冬を越して春まで可憐な花を咲かせてくれます。
13:57 | 報告
2018/11/01

【参加者募集】桜を守り育てる研修会

| by フォーラム事務局
 美しい山形・最上川フォーラムでは、山形県内の各地域において植樹された桜を更に美しく、後世に残していただけるよう、平成15年度より県民や各種団体、企業等との連携のもと「夢の桜街道づくり」に取り組んでいます。
 
 また、27年度から、事業の一環として、市町村や団体等の桜と周辺樹木の維持管理の相談、桜を守り育てる「桜守」を養成する研修会を実施し、樹木医を派遣しています。

 今年度、鶴岡市森林公園「ケヤキの森」を守り育てる人材の育成を目指し、鶴岡市農山漁村振興課との共催により研修会を開催します。
 
 研修会は、実技を中心として、桜の基礎知識、手入れの仕方を初心者の方でも分かりやすいようにお伝えする内容となっています。参加いただいた方には、桜守基礎研修終了証を発行します。

日時:H30年11月15日 10:00~14:00
    ※悪天候の場合、翌日16日に順延して実施します。
場所:ケヤキの森 エントランス広場側駐車場(道路沿いに公園の案内板有)
    (鶴岡市藤沢68)
内容:実技・座学「桜を守り育てるための基礎知識と桜の状態の見方、剪定の仕方」
講師:砂山 隆司 氏
持ち物:剪定鋏、手ノコ、長靴、雨具、筆記用具、昼食
     ※実技を伴いますので、汚れてもいい長袖、長ズボン、滑りにくい靴を着用ください。
申し込み方法:電話、FAX、E-メールで11月5日までに申し込みをお願いします。

【お問合せ・お申し込み】
NPO法人公益のふるさと創り鶴岡
鶴岡市山王町10-37 みちくさ舎
TEL:0235-25-6320 FAX:0235-26-7557
E-mail:k.tsuruoka2017@gmail.com

主催:美しい山形・最上川フォーラム庄内地域部会(NPO法人公益のふるさと創り鶴岡内)
共催:鶴岡市


11:39 | 告知
2018/10/15

【参加者募集】海岸漂着物、マイクロプラスチックの今を知る講演会

| by フォーラム事務局

【参加者募集】海岸漂着物、マイクロプラスチックの今を知る講演会

 
 最近ニュースなどで取り上げられているマイクロプラスチックをご存知ですか?海洋などの環境中に存在する微小なプラスチックのことです。マイクロプラスチックは、今後5年で、海洋中の魚の重量よりも多くなると危惧されています。環境問題については、一人ひとりが気を付け、ゴミを減らしていくことが、大きな動きにつながっていきます。
 また、海岸漂着物については、山形県の調査では庄内海岸のゴミのうち、78割が陸域起源のゴミだと言われています。陸域から出たゴミが、河川を通じ、海に流れている現状があります。

 


 美しい山形・最上川フォーラム置賜地域部会では、特に陸域からの啓発が大切と考え、現状を知るための講演会を開催します。講演会には、特定非営利活動法人パートナーシップオフィスより講師を迎え、庄内に留まらず、広く海岸漂着物問題についてご説明いただきます。
 私たちの出したゴミのこと、環境のこと、一緒に考えるひと時を持ちませんか。
 どなたでもご参加いただけます。参加申込書をFAX、または電話、メールで美しい山形・最上川フォーラム事務局までお申し込みください。

申し込み締め切り…1030

 

日時:1111() 10301200

場所:長井市交流センターふらり3階研修室
内容:海岸漂着物とマイクロプラスチックの現状 

    講師 NPO法人パートナーシップオフィス 大谷明氏
参加費:無料

 

詳細はコチラから↓
2018.11.11マイクロプラスチック勉強会チラシ(勉強会のみ).pdf



 


16:11 | 告知
2018/04/24

長井の町場景観と桜巡り研修開催しました

| by フォーラム事務局
 平成30年2月に重要文化的景観に選定された長井市の景観と桜を巡る研修会をこの度開催しました。

 長井市は、置賜野川によって形成された扇状地に沿った暮らしが今も息づいています。
そして、最上川流域にある長井市の中でも、宮・小出地区は、江戸時代に最上川舟運の船着場が設置された地区で、米沢藩の青苧蔵や上米蔵が置かれ、物資の集散地・商業地として栄えた区域です。今も多くの商家群が残されており、道を歩けば必ず美しい水路に出会える場所です。

 当日は、桜も満開で私たちを出迎えてくれました。まずは、やまがた長井観光局丸山様より長井市の町場景観についてご説明いただきました。

 説明の後は早速、宮船着場跡のある道の駅川のみなと長井をスタート。100%晴れ絵文字:晴れというくらいのいい天気のもと、最上川堤防千本桜に沿ってまずは、小出地区へ。



 6haの敷地に琉球種白ツツジが3,000株植えられている「白つつじ公園」。ツツジはまだ咲いていませんが、こちらも桜が満開で、散策を楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいました。
 皇大神社を抜けて、水の流れの音が気持ちい散策路を「やませ蔵」「山一醤油」さんへ。



 寛政元年創業という山一醤油(国登録有形文化財)では、縦にずっと奥まで続く醤油蔵、塩蔵、味噌蔵等のご説明をお聞きしました。山一醤油さんと言えば、今や日本を飛び出して人気の高い「あけがらし」。ホカホカのご飯と、朝採りたての菜の花のお浸しにあけがらしを乗せて試食をさせていただきました。
 以前購入して、家で食べた時と味わいが違うので、伺ってみたところ、試食でいただいたのはまだ出来立てのあけがらしとのことでした。麹の甘みとすっきりきりりとした辛味がとっても美味しかったです。麹は生きているので、熟成が進むにつれてまた違った美味しさが味わえるのですね。



 歴史ある通りの説明を聞きながら、やっぱりコーヒータイムも絵文字:一休みということで、同じ通りにある「ミュージック&ギャラリー ウォームストーン」(にも立ち寄りました。店舗の奥には蔵(旧丸中横仲商店蔵群)が建ち並んでおり、まるでタイムスリップしたような空間でまったりと過ごしたくなりました。こちらのオーナーはジャズサックスプレーヤーで、ライブ等も行われています。



 旧小池医院、桑嶋記念館等、貴重な遺産を見ながら、鈴木酒造さんへ。東日本大震災の影響で一時酒造りがストップしてしまいましたが、福島県浪江町から長井市に移って、試験場にあった酵母を使い、お酒を造っています。残念ながらこの日は皆さん香りだけを楽しんで(次回は夜もいいですね)、宮地区でランチタイム。

 店の外のショーウインドーも懐かしい、純喫茶風の「みよしの」でボリュームたっぷりのナポリタンで満腹になった後は、研修会の一番の(?)お楽しみタイム。
 長井市と言えばけん玉生産日本一でも有名ですが、なんと、みよしのでは、けん玉チャレンジに成功すると素敵なプレゼントがあるんです。参加者の皆さん、必死に頑張りました絵文字:三人





 美味しいプレゼントをいただきながら、昨年度白鷹町立白鷹中学校の生徒が制作した「桜の守り人」鑑賞。白鷹町地域おこし協力隊石井紀子さんをお呼びして、今満開の薬師ザクラのお話を聞いてもらいました。





 ここから午後の部スタート。まずは「けん玉ひろばスパイク」へ。「けん玉ってこんなに技があるんだ!」と一同驚きの技の数々を披露いただいて、参加者の皆さんも好きなけん玉を選んでチャレンジ。
 けん玉は、膝が大事。実は体幹を鍛えるのにとってもいいんです絵文字:良くできました OK。全身を使うので、一日の中にけん玉タイムを入れてみるのもいいかもしれません絵文字:良くできました OK



 可愛いフラワー長井線が停車するレトロな長井駅、丸大扇屋(県指定有形文化財)・長沼孝三彫塑館、小桜館(旧西置賜郡役所)のある宮地区をまわって、歩いた距離なんと6キロ。皆さん大変お疲れ様でした。

 朝の千本桜から午後の薬師寺のしだれ桜まで、まちのあちこちに美しい桜と魚が泳いでいく水路に癒されながらのまち歩き、どこを歩いても歴史を全身で感じることのできる研修会でした。
 今回は地元から参加された方が多かったのですが、水の豊富さ、美しさを普段当たり前に感じていて改めてご自分たちの町を歩いてみるということは普段なかなかないそうで、先人たちが作った「水の町」の新発見もたくさんあったようです。
 「かつては家の中に直接水が引いてあって、そこから水の恵みをいただいていたのを思い出した」との声も何度も聞かれました。
 当たり前の風景を見つめ直してみることは、大切なものを次の世代に伝えていくことにつながるのではないでしょうか。



 ご参加いただいた皆様、ご協力いただいたやまがた長井観光局様始め長井市の皆様ありがとうございました。



09:22 | 報告
2018/04/05

~夢の桜街道~写真と灯りの展示会東根会場始まりました

| by フォーラム事務局
 昨日、山形にも桜の開花宣言が出されました。
各地域では、ぼんぼりや表示なども出され、ピンクの蕾が少しずつ開き始めました。
3月7日からスタートした「~夢の桜街道~写真と灯りの展示会」は、開花に合わせたかのように今日から東根会場での展示が始まりました。



場所は壽屋寿香蔵内の趣ある蔵座敷をお借りしています。
東根会場に合わせて、「壽屋スペシャルバージョン」の灯りを展示しています。
お店の顔ともいえる場所に飾ってもらっていますので、ぜひご覧ください。


   画像では見えずらいのですが、サクランボカラーのビーズがポイント


 後ろは可愛い「茜姫」デザインです。ぐるっと回って見てくださいね。

「東北・夢の桜街道~桜の札所・八十八ヵ所巡り~」の中から、県内の桜の名所写真と、桜の灯りをズラリ展示。
ひょうたんクリエイターおへひょさんにご協力をいただいた作品の中には、東根にぴったりのサクランボの灯りもあります。



また、会員阿部勤さん、笹村昭六さんの、桜をテーマとした作品も展示中です。



東北・夢の桜街道スタンプラリー帳も配置しておりますので、桜巡りの際にぜひお寄りください。

展示は4月20日(金)まで。10:00~16:00になります。
※4月19日は展示がありません。

美しい庭や蔵座敷も見事な壽屋寿香蔵のぬもりカフェもおススメ。今はほんのりピンクのサクランボ甘酒もありますよ。





【壽屋寿香蔵】東根市本町6-36
15:14 | 告知
2018/03/30

【取組み紹介】寒河江市立三泉小学校4年生

| by フォーラム事務局
 寒河江市立三泉小学校では、4年生の総合学習の一環として、2学期から学区内の寒河江川にて水質調査、川の生き物調査、クリーンアップ活動を行いました。



 その中で、「ごみ調査隊」メンバー5名が、クリーンアップの調査報告を発表し、クラスの皆で「自分たちにできること」を話し合いました。



 クリーンアップの結果から、山形県内のゴミの状況、川が汚れる原因、ゴミの影響、そして自分たちの住む寒河江川のゴミの内訳などをまとめて、リーフレットを作り、周辺の皆様にお知らせしよう、と2学期から3学期にかけてリーフレット作りをしました。



 また、寒河江橋の下にタバコやバーベキュー、芋煮会等のゴミが捨てられている状況をなくしたいと、橋の下に看板を設置しようと、デザイン画作成にも取り組みました。



 山形県村山総合支庁建設部様にご協力をいただき、この度、看板とリーフレットが出来上がりました。
 


 看板は、寒河江橋の河川敷に設置されています。
 年間を通して、地域の皆様や小学生による草刈りやゴミ拾いも行われている場所ですが、今後ゴミのない美しい場所になるよう、見守ってくれることでしょう。



 河川敷でのバーベキューや芋煮会が増えるこれからの季節、川や海に暮らす生き物、そして私たちの住む地球の環境について思いを馳せながら、マナーを守って楽しみたいですね。

出来上がったリーフレットはこちらからご覧いただけます↓
リーフ原稿2018.2.20最終(縦書き).pdf
10:19 | 報告
2018/03/30

内川学9開催しました

| by フォーラム事務局
 3月10日(土)、鶴岡市にて「内川学9」を開催しました。人々の暮らしに密着して来た内川を観光資源としての視点から見て、事例報告、トークセッションが行われました。

 第1部では、(一社)ソーシャルスポーツイニシアチブ馬見塚代表が、当フォーラム、ゴミ拾いはスポーツだin庄内実行委員会で取り組んでいる「スポGOMI」についてまちおこしの視点から基調講演を行いました。環境美化活動とスポーツを融合させた社会貢献活動である「スポGOMI」は、「街を知り、街を改めて意識するツール」としての「きっかけづくり」です。街中、河川敷、海岸沿い、様々な場所での可能性について話が出されました。



 また、ミズノリサーチ水野重紀氏より、内川の舟運の活用を検討するための水位調査報告と提言が行われました。





 第2部では、東北公益文科大学大学院高谷特任教授の進行で、大学院生による報告と、SNSなどを活用した発信等の提案、同大学地域デザイン研究所國井美保氏、鶴岡市役所国際交流員ミヨサラ氏、馬見塚代表の3名によるパネルディスカッションを行いました。インバウンドや国内観光客のニーズに対応しながら、地域性、歴史を活かした鶴岡市の魅力の発信について会場ともやり取りをしながら今後の可能性を探りました。






09:44 | 報告
2018/03/27

【参加者募集】長井の町場景観と桜巡り研修

| by フォーラム事務局

江戸時代の最上川舟運によってもたらされた商家群などが残る長井市。風景の国宝として、平成30年2月13日に重要文化的景観に選定されました。春を迎え、緑が美しい市内を歩きながら、貴重な景観を活かしたまちづくりを学んでみませんか。

ツアーガイドによる町歩きをしながら、長井の美しい花や桜の名所も巡ります。長井の昔と今がギュッと詰まった内容です。

 

日  時:419() 10001500 ※小雨決行

集合場所:川のみなと長井(長井市東町2-50) 

定  員:15名まで 

      ※先着順 定員になり次第締め切ります。

参加費:2,500 
      ※保険代、ガイド料金、ランチ代として

      このツアーは、(一財)置賜地域地場産業振興センター(やまがた長井観光局)企画・実施する旅行となります。 

【スケジュール】《重要文化的景観選定地区を巡るコースです》

1000 川のみなと長井出発 ※9:50までお集まりください。

     最上川堤防千本桜⇒白つつじ公園内の桜⇒あら町通り⇒立体水路

     薬師寺のしだれ桜本町通り⇒昼食会場

1200 昼食〈昔懐かしい喫茶店の雰囲気を醸し出す「レストランみよしの」〉

    白鷹町立白鷹中学校生製作「桜の守り人」紹介

1340 長井駅撞木橋の桜⇒小桜館⇒丸大扇屋・長沼孝三彫塑館⇒

     總宮神社白山神社(河岸段丘)⇒川のみなと長井到着

1500頃 解散

     ※内容、昼食時間などは変更となる場合があります。

【お申込み方法】 参加者氏名・連絡先を電話・メール・ファックスにて下記までご連絡ください。

     ※申込締切 4月13日(金)

美しい山形・最上川フォーラム

990-0041 山形市緑町1-9-30 緑町会館

             TEL: 023-666-3737  FAX:023-666-3738

              E-mail:mh-mogamigawa@eagle.ocn.ne.jp


主催:美しい山形・最上川フォーラム置賜地域部会/美しい山形・最上川フォーラム

協力:やまがた長井観光局


詳しくはこちらをご覧ください↓
1_長井の町場景観と桜の名所巡り研修(3.26).pdf

15:00
12
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990-0041 山形市緑町1-9-30(緑町会館)
TEL 023-666-3737 FAX 023-666-3738